育毛剤で白髪が少なくなる?

白髪が生える原因は、ハッキリとは解明されていませんが、血行不良により
細胞の働きが悪くなり、髪の毛に髪が黒くなる成分が入らなくなるせいだと
されています。

では、血行が良くなるといわれている育毛剤を使えば、白髪が減るのでしょうか?

育毛剤は、トリートメント等と違い、髪に良い栄養分を毛乳頭へ直接働きかける
ことが出来ます。

髪の元となる毛乳頭へ栄養が届きやすくなることで、毛乳頭の働きが良くなり
髪の成長や育毛に良い効果があるとされています。

白髪染めで傷んだ髪も、育毛剤の働きによって髪の毛が健康になり、ツヤやコシが
生まれる期待も。

健康な髪の毛は同性からも異性からもとても魅力的に感じるものです。

育毛剤によって白髪が減ることは科学的に証明されてはいませんが、育毛剤を
使うことにより髪に沢山のメリットがあることはいうまでもありません。

速効性はありませんが、育毛剤を使用し頭皮の血行を良くするのは髪と頭皮が
健康になり、そのプラスアルファの効果で白髪が減ってくる期待が持てそうですね。

白髪染めトリートメント

レディース用白髪染めヘアトリートメントで魅力的な髪へ

髪は女の命といわれるように、いつの時代も女性用ヘアケア商品は
人気があります。

いつまでも若々しくいたいものですが、年齢を重ねるごとに、白髪や
抜け毛、薄毛など様々な髪の悩みが出てくる方が多いです。

最近ではレディース用白髪染めヘアトリートメントや、女性用の
育毛剤など、男性用というイメージがあった商品にも、様々な
女性用の商品が出てきています。

レディース用白髪染めヘアトリートメントの特徴として、白髪を
染めていく効果の他に、トリートメント効果により髪がキレイに、
髪がまとまるようになる、ツヤが出るといった効果があります。

美容成分が配合された白髪染めヘアトリートメントもあり今話題の
スカルプケアもしながら白髪染めが出来てしまうものもあるんです。

白髪染めヘアトリートメントは使い方も簡単で、シャンプー後、
髪に適量を塗布し、10分程度放置し、洗い流すだけなんです!

簡単に使えるので、毎日お使いいただき、キレイな髪色で若々しい
健康な髪をもつ女性を目指してみませんか?

ホムカラーは空気に触れさせるのがコツ

最近ではホームカラーの白髪染めも、改良により、使いやすく
ムラになりにくくはなってきましたが、なかなか上手に染められない
という方のために、あまり知られていない上手に染めるポイントを
紹介します。

ホームカラーで上手に染めるポイントは、白髪染めカラー液の
酸化を促すことです。

ホームカラー用の白髪染めは、髪の表面にあるキューティクルを
開き、髪の芯にカラー剤を染みこませ、発色させています。

この際に、髪の芯にカラー剤と空気が融合することで、
カラー剤が髪の芯にしっかり定着することができます。

定着させる事により、カラーの退化を防ぐ、つまり白髪染めを
したキレイな髪色が長持ちすることにもつながります。

そのため、キレイな色を長持ちさせたい、発色を良くしたい場合は、
カラー剤を塗布した髪をキチンと空気に触れさせることが大切です。

白髪染めカラー液を髪全体に塗布した後、規定時間の半分程度の
時間が経過したら、髪の毛の根元から空気を入れるようにクシで
軽くブラッシングすることで空気に触れさせ、発色を良くする
効果が期待出来ます。

ヘアトリートメントしながら白髪隠し

日本人の髪の色に、白髪はとっても目立ち、白髪のせいで実年齢よりも
老けてみられたりすることがあります。

出来れば、いくつになっても若々しく見られたいものです。

そんな方にオススメなのが白髪も染められるヘアトリートメントです。

従来のヘアカラータイプの白髪染めと違い、頭皮にも髪にも優しい
使い心地で、白髪を隠すことが出来ます。

使い方も簡単で、シャンプー後にトリートメント感覚で髪に塗布し、
時間をおいて洗い流すだけでしっかり白髪を隠す効果があります。

白髪も染まるヘアトリートメントの仕組みは、髪表面をコーティングするように
着色し、白髪を目立たなくさせていくものです。

髪を痛める心配がなく、髪に良い成分が配合されているので髪の毛を健康に
導いてくれる効果もあります。

また、白髪も染めることが出来るトリートメントは、使いづづけることによって
徐々に白髪が目立たなくなっていきます。

なので、白髪を染めたことを周りの人から気付かれにくいのもポイントです。

ヘアカラー色選びのコツ

ヘアカラーにも各社から様々ななカラーが出てきてたくさんの中から
選べるようになりました。

ヘアカラーだけで印象がガラッと変わりますよね。

しかし、多すぎて自分に合う色が分からない方もいるのではないでしょうか?

一般的に、色白な方は赤系、肌が暗めな方は黄色系が似合うと言われています。

最近ではくすみカラーといって、それぞれのカラーにアッシュを
混ぜてくすませたカラーも流行しています。

また、髪質によってもカラーで染めた色の染まり上がりに差が出てきます。

地毛が、黒くて太く、多い方は赤みが出る傾向にあります。

逆に地毛が、茶色くて、柔らかく細い方は黄みが出る傾向にあります。

どんな色味にしても言えることは、明るさのレベルを間違えないことです。

明るくなってしまった髪は、暗いカラーで暗くすることが出来ますが、
暗くしてしまった髪を明るくするのは出来ません。

カラーリングする際には必ず髪の毛が傷んでしまいます。

トリートメントなどのアフターケアも忘れずにしましょう。

自分のライフスタイルに合わせてカラーリングを楽しんでみませんか?

ヘアカラーを自分で行うコツ

ヘアカラーをご自分で行っている方も多いと思います。

キレイに染めるには、髪質、温度、カラー剤の量、放置時間が大切です。

冬など、部屋の温度が低い場合はお風呂でカラーリングし、放置時間は湯船に
つかるのも良いでしょう。

また、生え際は地肌に近いので暖かく、髪が柔らかく細いので染まりやすい
傾向にありますので、カラー剤を薄く塗り、放置時間を短めにするように
心がけることが大切です。

逆に毛先は、地肌から遠く暖かくないので染まりにくいのでカラー剤をたっぷり
塗布し、放置時間を長めに取りましょう。

襟足の毛先から、だんだん頭頂部にむけてカラーリングしていくと、自然と毛先の
放置時間が長くなり、生え際は短くなるので、髪を4等分位にブロッキングして
カラー剤を塗布していくのがオススメです。

塗り終えたら、しっかりムラなくカラー剤が行き渡るようにクシでとかします。

このときに何度もとかすと、キューティクルがはがれ、傷みの原因になるので必ず
目の粗いクシで、数回とかす程度にします。

放置時間にラップを巻き、ドライヤーで暖めるとより一層効果があります。

ヘアカラーをする前のポイント

ヘアカラーを行う48時間前には毎回必ずパッチテストを行い、
反応がないか確認してからヘアカラーを行いましょう。

最近のヘアカラーには必要なものはほとんど入っていますが、
準備するもののおさらいをします。

てぶくろ、ケープ、鏡、水をはじくクリーム、目の粗いクシ、輪ゴム、
シャンプー&トリートメント、ティッシュ、新聞紙など床を汚さないよう
敷くもの、時計、脱ぎやすい汚れても良い衣類

以上のものを用意したら、髪をカラーリングする準備をします。

カラーリングした後、シャンプーをしなければならないので脱ぎやすい、
汚れても良い服に着替えておきます。

古くなったパジャマを活用しても良いですね。

次に、生え際やうなじなどカラー液がつきやすい場所にクリームを
塗っていきます。

カラーリングしている間は、知らないうちにカラー剤を飛び散らせて
しまい、時間が経ってから気付き、黒く落ちなくなってしまう場合が
あります。

そうならないためにも新聞紙を敷いて、その上でカラーリングをすると
良いでしょう。

ヘアカラーとヘアマニキュアを使いこなすには

ヘアカラーと、ヘアマニキュア、似ているようで全く違う、
それぞれの特徴をご存知ですか?

ヘアカラーとは、髪の毛を脱色し、髪の内部までカラー剤を
浸透させしっかり染めていきます。

様々なカラーがあり、染めてから、約1ヶ月半~2カ月の間
キレイなカラーが持続します。

ヘアカラーをオススメするのは

・こだわりのカラーで染めたい方

・キレイなカラーを長持ちさせたい方

・白髪をしっかり染めたい方

一方、ヘアマニキュアは髪の毛の脱色はせず、カラー剤を
髪の毛の表面をコーティングするように染めていきます。

黒髪には色味を感じにくいですが、白髪には自然な色が
つけられます。

カラーが持続するのは約2~3週間といわれ、毎日のシャンプーで
徐々にカラーが落ちていきます。

また、頭皮も髪の毛へのダメージも少なく、パッチテストが
必要ないのも特長です。

マニキュアがオススメなのは

・髪の傷みが目立つ方

・短期間だけ髪色をチェンジしたい方

・白髪を自然にカラーリングしたい方

ご自身に合った方法で白髪染めをしましょう。